「先生!これ見てー!」

12月31日!

早いもので2023年も残りわずかですね!

この冬期講習で感動的なことはたくさんあったのですが、年内最後のブログが湿っぽいのもアレなので、先日あった”おもしろい”ことを投稿します!



それは12月29日。

ルクールでの年内最終授業の日でした。

この日はイベントの日でしたが、なんと小学6年生のうち2人がイベントの3時間くらい前にきて自習をしているのです!

なんとも頼もしい!私は感心しまくりでした。

ものすごい集中力でしたから、私も細かく口出しはせずにその子たちに自習を任せていました。



すると…..

「先生!これ見てー!」と声がするのです。

自習をしているカフェルームに行ってみると、なんとこちらが!笑

アートが出来上がっていました(笑)

さて、本題はここからです。

通常であれば、「自習もせずに何をしているんだ!」と叱ってもいい場面かもしれません。



が、私はこのアートの写真を何枚も撮り、「いいね!これ何を表しているの?」「どう組み合わさっているの?」と色々質問しました。



すると子どもたちはものすごく嬉しそうに答えるんですよね。


そして、「こういう形にするにはどうしたら良いんだ!?」とか「ここでバランス取るためにはどう配置したら良いんだ!?」とかお互いに話していたり。
初めはきっと思いつきでやったのでしょうけど、最後は結構真剣な眼差しで議論していました(笑)


一見勉強していなさそうに見えても、どこでどう点が繋がるかってわからないんです。


例えば物理の力の分野で繋がるかもしれないですし、数学の空間図形で何かがつながるかもしれません。私が学びで最も大事だと考えていることは「知的好奇心」です。なんでなんで!?の繰り返しなのです。


だからこそ、子どもたちが自ら疑問に感じて、手を動かし、頭を動かしたことには正論をぶつける前に、その知的好奇心を賞賛したいと思うのです。

(もちろんただ意味もなく喋っているときは注意します)


ただ単に遊んでいるだけだと学びに昇華しませんから、そこからいかに学びに変えていくかはぜひルクールにご期待ください。

ルクールのコンセプトは「想像を超える自分に出会うきっかけをつくる」です。

子どもたちの可能性に枠組みを設けず、これからも無限の可能性をどんどん伸ばしてまいります。

著者のイメージ画像

高校受験専門塾ルクール
小野 瑞貴

京都大学大学院修了。
大学、大学院在学中に最難関高校レベルから基礎レベルの子たちまで幅広く集団指導を経験。全国に会員を有する映像授業の英語特進コース担当や入試問題作成、大学での講義なども経験。
その後本当の意味での「将来からの逆算を行う教育」をしたいとの思いで人材業界へ。各社でキャリアアドバイザーや採用人事に従事し、受験のその先にある“リアル”を熟知する。